仕事運を上げる方法

折角良い技術を持って製品を作っているのに何故かお金儲けとは無縁でいつも売上に苦労している人が居ると思えば、特に頑張って営業活動をしているようには見えないのに、何故か向こうから色々と儲け話が入ってく人がいますよね?

営業の場合でも話術も大した事ないし、努力しているようには見えないし活動量も全然少ないのに、棚ぼた式の売上が入ってきて売上に苦労しないでいるように見える人もいますね。

心の状態の違い

もちろん他人が見えないところで努力していたり、人としての魅力があったりという具体的な事は後から書きますけど、まず仕事運を持っている人というのは気持ちが明るいと言いますか、自分はちゃんと売上を確保できると心から信じているのですよ。

心から自分の能力を信じているから、行動にもブレがないですし見えない何かを引き寄せると思うのです。

逆に仕事運がないと自分の事を思っている人と言うのは、頑張っていても駄目だろうなんて邪念が自分の心を占有していますから、仕事運が入ってこようとしても入るこむ隙間がなかったりします。

力のある営業コンサルタントの人というのは、もちろん自分の指導力に絶対の自信を持ってクライアントと接しますから、指導を受けた人にもそれが伝播致しまして大丈夫って波動を発し始めるようになってくるという事です。

これは別にスピリチュアルな話でも何でも無くて、自分に自身を持っている人というのは雰囲気からも他人に伝わりますし、仕事を頼むにしても任せるにしても自信なさげな人よりも、安心のオーラを出してしる人に頼むのは当然の事ですよね?

ここから先は具体的な事を書きますけど、大前提として自分は大丈夫だオーラを出していないと、同じことをやっても結果は違ってきてしまいますからとても大切なことだと思います。

新人教育の肝ですよ

新人教育が上手な人は自信をもたせるのが上手ですよね?

特に出来に悪い新入社員ほど自信をもたせてあげなくてはいけないのですけど、逆のことをやってしまう人が多いのは残念な事だと思います。

小さな事にも全力を尽くす

仕事運が強い人を見ていますと、小さな事をしっかりやっている場合が多いですね?

何故ならば小さいことをしっかり出来ない人に大きな事が出来るわけはないのです。

新規顧客開拓をやっていても名刺交換の方法一つでも挨拶でもそうですね。

自分の長所を生かしている

誰だって短所を一つや一つ、場合によっては幾つも持っているわけです。

はたから見ると短所が沢山あるのに何故か仕事運が良いって人は、それ以上に自分の長所を生かしている場合が多いですね。

まぁ自分の短所を補ってくれる人が側にいる場合も多いのですけど、それはそれで運を引き寄せているって言えると思うのです。

本コラムのAI朗読