お金に好かれる人と方法

金運アップの解説書からビジネス系の啓蒙書などどれを読みましてもお金に好かれる人は、先ず自分がお金を好きになる事が大切でお金を粗末にしないで大切に扱うとか、小銭をポケットに入れないとかその手の類のことが書いて有るのですけどそれらの金運アップの方法を試して実際に日頃から実行していてもどうも出て行くばかりで、どうもお金に嫌われている人も少なくないのでは無いでしょうか?

そりゃまぁ資産家の家にたまたま生まれたボンボンですとか全くお金に無とん着でしかも無駄な使い方ばかりしていても、不労所得が毎月入ってくる人がいたり、幾ら節約して毎日一生懸命働いても低賃金で生活費を確保するだけで精一杯なんて人も少なくないのでは無いでしょうか?

確かにお金を大切にしないで浪費ばかりしているとか、無駄な使い方ばかりしていますとそっちへ現金が出て行くことになりますから、貧乏から抜け出す事は不可能ですし当たっているといえばその通りなのでは有りますが、大金持ちや富豪と言われる人は信じられないほどの贅沢三昧の生活を送っている人が少なくないのでありまして決してお金を大切にしているとは思えない節が有ると感じる人も少なく無いのではないでしょうか?

思うにお金に意志や人格が有るなんてのは全くの幻想で、単に紙に印刷した物々交換を楽にするために存在する代物で、実際には資本主義経済の原則に乗っとりまして、お金のあるところにお金が集まるだけのような気も致します。

もちろん節約に励んでせっせと貯金すればいつの間にか貯金が増えまして、やがて利息収入のような不労所得を生み出すことになるとは思いますが、やはり根本的にはどれだけ稼げるかどうイコールお金に好かれるかどうかじゃないかと感じることが多いですね。

そのためには成人前の子供でしたらやはり教育って事になるでしょうし、成人でしたら時には稼げない仕事に見切りを付けてしまって稼げる業界に飛び込んでみるとか、自分から積極的にお金をつかめる世界に飛び込んで行くことも時には必要ではないかと感じることも多いですね。

少々厳しいことを書いてしまいますといつの間にか気がついたら日本は二極化していて、随分と貧しい生活を強いられている人が増えてしまっているわけですけど、そんな人がとにかく裕福になってお金に苦労しないようお金に好かれる人になろうとした場合に、単に現金を大切に扱うだけでは生活が変わらないほど日本の格差が広がってしまったように感じてしまうので有りますね。

本コラムのAI朗読