金運アップ

別に手相を見て貰って金運が無いと言われてもまぁ当たるも八卦当たらぬも八卦の世界ですし、心がけ次第で金運アップは出来ると思いますが漠然と考えていても無理だと思いますし、自らの運命は自分で切り開く必要が有るなんて感じのコラムを書いてみたいと思います。

さてその具体的な金運アップの方法ですが、付き合う相手を選ぶ事と日常の生活を改善する事と収入を増やす事の複合技のような感じだと思っています。

先ず最初に付き合う相手を選ぶって所ですが、会社でも付き合う相手が貧乏ですとやはり自分も金運が向いてくることはありませんし、少なくとも儲かっているとか裕福な相手を取引する先に選びませんと金運は近寄ってこないのでは無いでしょうか?

次に日常の生活を改善して金運をアップさせる部分ですが、基本的には家計簿なり出納帳を付けるのが望ましいと思いますが、まず基本的には出て行くお金を減らして手元に現金が留まるような仕組みを作ることが肝心だと思います。

これは貨幣が出来て資本主義経済が発達してから絶対的な公理としてご存じの方も多いと思いますが、お金のあるところにお金は集まるって事です。

お金が意志を持っていると仮定致しますとどーも寂しがり屋で孤独を嫌うのがお金の本質的な性格のようなので有りまして、お財布の中とか銀行の口座に仲間が少ないと、どうしても友達が多いところに出かけてしまう習性を持っているのでありまして、まずは手持ちのお金を自分に縛り付けて置くことが金運アップの大原則では無いでしょうかね?

三番目の入ってくるお金を増やす方法ですがこちらは、チャレンジ出来る人もいれば無理な人もいらっしゃると思いますが、例え一ヶ月に千円でも100円でも収入を増やす努力は必要では無いでしょうかね?

追伸

これはよく言われている事ですけど、どうも日本人はお金に対してタブー視するようなところが有りまして、これは例えば大成功して大金持ちになった人が、成り上がりなんて敬称で呼ばれたり、嫉妬ややっかみがよく出てくるところにも現れているような気が致します。

ただアメリカあたりではお金に対して貪欲な所を表に出して堂々と利益や収入を追求するような人が多いと思いますし、日本より個人の大金持ちが多いのはやはり貪欲にお金に対する執着心をはっきり形にだすから、なんとなく金運アップしてきて成功する人が多いような気がしますね。

逆に日本の場合ですとなかなかお金に対する執着心を表に出しますと社会に受け入れて貰えなかったり足を引っ張られたりするのでありまして、たとえ自分の努力の結果で金運がアップしてきても注意しないとたちまちどこかで足をすくわれたりするのですよね。

本コラムのAI朗読