金運アップの方法と現実を考える

何はなくても現金とか明るい家庭生活の必需品としてお金が最初に出てくるのですけど、各種開運グッズ中でも運気上昇なんて曖昧なものじゃなくて、具体的な要望に一番近いのが金運アップになるのだと思いますが、果たして金運アップとは何を目的にしているのかについて今回のコラムで考えてみたいと思います。

さてその金運アップの方法と言う事について考えて見ることにしても金運がアップしたらどーゆー状態になるのか具体的に分かりませんと単なる漠然とした話で、対策を考えようも無いのではと思います。

まぁ道を歩いていて大金を拾うとか裏山に犬の散歩に出かけたらポチがここほれワンワンとか言い出して大判小判がざっくざくなんて場合には、警察に届けなくてはいけませんし出てきた大判小判は裏山の持ち主の所有物って事になりますから、昔話のように掘り出した財宝を自分の物に出来るわけじゃ無いですから、この手の金運アップは財産が我が物にならない事が多いようですから除外でしょうね。

では競馬や競輪などで予想が的中しまくって多額の配当金を手にするってのも有りますが、こちらはどうもギャンブル運のほうが専門分野のような気が致しますし、こんなギャンブルなんかで大金を儲けて幸せになった奴はいないはずですから、これも除外ですね。

では仕事が繁盛しまして結果として多額の現金が手元に転がり込んでくるってのは、これは運とか偶然なんて対処は有るでしょうけどビジネスの世界はそんな神頼みみたいな事でうまく行ったり失敗するほど甘いものじゃないので有りまして、仕事でお金が儲かるのはあくまで商才とか仕事に取り組む姿勢とか努力の結果なので有りまして、このあたりも金運アップとは無関係なような気が致します。

それから考えられることといえば購入した株券などの値上がりなど投資関係の成り行きがうまく行って現金が転がり込んでくるって現象ですけど、う~んこれもどうも金運アップの結果としてそーゆー状態になるようには思えないので有りますね。

まぁそんな風に考えていきますと金運アップの方法が仮に有ったとしてそれを実践したときに具体的にどういった状態になるのか想像出来ないのでありますが、金運アップのために各種グッズを購入したり黄色い財布を使ってみたり、風水の研究に没頭している人は何か具体的なイメージを持っているのでしょうかね?

ワラシが思うには漠然としたイメージしか持っていなくてただ金運アップしたいって思っているだけで、だから現実社会で現金をつかみとることに苦労しているような気が致しますね。

本コラムのAI朗読