お金がないって素直に言う

見栄を捨てると蔵が建つかどうかは分かりませんけど、本当に懐が寂しい時に素直に正直に且つ堂々と今はお金がないからって言える人は、人生において間違いが少ないのでは無いかなって思いますね。

まぁ他人がね、今はお金が無くて貧乏でって事を言っているのを耳にしても何とも思わないけど、自分でその言葉を口に出すとなると、うーん無理だって人も少なく無いのではないかと思いますけど、やっぱり懐が寂しい時は正直に宣言して付き合いを断るとか、不義理をするとかまぁそんな対応をする人がやっぱり正しい生き方かどうかは分かりませんけど、多重債務者になってしまったりって可能性は凄く低いと思います。

けど現実には誰しも多少は見栄とかプライドとか羞恥心とか何だか分からないものを持っていまして、借金はしなくても他を切り詰めてでもその場を取り繕ってしまいましたり、人によってはサラ金(消費者金融)でお金を借りてでも、自分にお金がないって事を他人に見せないって人が、たぶん日本人の過半数じゃないかと思うのですが、そーゆー考え方と言いますか基本的行動は変えちゃったほうが良い人が実はかなり沢山居るのでは無いでしょうかね?

この辺りは私が思うに武士は食わねど高楊枝って意味を取り違えていて、回りに対して見栄を張るって事だけに目が行ってしまって、食わねど・・つまり我慢して食べない部分を読み飛ばしちゃう人が居て、お金がないって素直に他人言えない部分だけを取り違えて、借金しちゃうみたいに考えてはいないでしょうかね?

まぁ社会人としてのそれなりの立場があるとか、隣近所の人にお金がないのを知られたら陰口をたたかれそうだとか、自分は別に恥をかいても構わないけど、子供には変な思いをさせたくないとか、様々な理由があってお金がない時に素直にお金がないから無理って言えない気持ちも十分分かるんですけど、勇気を持ってそーゆー宣言をしちゃいますと、実際はそれほど大した事じゃないなって気が付く人が多いのでは無いでしょうかね?

そんな訳で、出来るだけ人生の障害を乗り越えて楽しく生きていきたいって人でしたら、見栄を張らないで肩の力を抜いて自然体で生きていくのが良いのでは無いかなって思いますね。

特にお金の事ってのは、単に紙に記号を印刷しただけの代物で、まぁ現代社会で生きていくために必要なものでは有りますけど、別に持ち合わせがないからって言っても恥ずべき事では決してないと思うのですよ。

本コラムのAI朗読