効果が有る開運グッズのお話

えっと世の中の景気と関係なくと言いますか、景気が悪ければ逆に売上げを伸ばしてしまうような、不景気商品?・・何か表現が変ですが兎に角そのそーゆー不況にこそ売れる商品の一つに開運グッズの類を入れてしまって良いようですね。

まぁ先行きが不安な社会情勢や時代になりますと、経済学者よりも占い師の方が繁盛するようですし、基本的に開運グッズの類はツキがない人とか中々事業が上手く行かない人ですとか、自分の力だけではどうしようもないって考えて、何かに頼ってその手のグッズを購入する訳ですから、不景気とか不況で開運グッズの類がよく売れるようになるって事は理にかなっているのですが、個人的にはその手のグッズを購入しても財布の中の現金が減少して、部屋が狭くなるだけのような気がするのですけどね。

更に話は少々飛びまして、今現在日本中では丁度、定額給付金の給付が始まっている訳ですが、たぶん貰った給付金で開運グッズの類を購入する人も結構いると思いますし、景気対策の為に全国民に配る税金が開運グッズにも少々流れて、日本経済や景気が回復するかどうかは気になる所ですよね。

もし本当に開運グッズの御利益が有るのでしたら、定額給付金なんて配らないでその手のグッズを全国民に配ればよいのですけどね。

さて、ここからが今回のコラムの本題であります効果が有る開運グッズのお話に入って行く訳ですけど、ごく普通の方が開運グッズと聞いて頭に思い浮かぶのは水晶玉だったり、お札の類だったり人によってはネコが片手を上げた置物だったりする訳ですが、実際は違うんじゃないかなって思いますね。

例えば女性だったら自分にとってもよく似合う素敵なリボンでそいつを身につけていると外見から感じられるイメージがウンと良くなって、素敵な友人が出来るだとか、男性でしたらちょっと名刺のデザインを凝ったものに変更した途端に、初対面の相手に自分の事を覚えて貰いやすくなって、仕事がやりやすくなったとか、履き物(靴)を変えた途端に歩く際の疲れが激減して姿勢も良くなって、回りからの印象が好印象を持たれるようになったとか、そーゆー風な開運グッズでしたら私は有ると信じますね。

ですからね、見つからない場合も勿論有りますけど、ちょっとした普段使っている小物を変更したり綺麗に磨いたりするだけで、思わぬものが自分の最強の開運グッズになる事がある可能性も有るのでして、別にその手のお店で開運グッズを探し回るよりも、余程効果が有ると思いますけどね。

本コラムのAI朗読