初日の出

私の住んでいる千葉県にあります犬吠埼は日本一(但し、離島や高い山の上を除く、海岸での)初日の出が早く拝めるスポットですし、何十キロにもわたって九十九里浜なる初日の出には絶好のスポットどころか、延々と続いていますので関東各地から善男善女、老若男女にヤンキーから暴走族、珍走団、有象無象が大挙してやってくるので有りまして、大晦日の深夜から渋滞したり致しまして、迷惑なところも有るのですね。

特に旧車會って呼ぶんですか?いい年したおっさんが、人の迷惑考えないで徒党を組んでやって来るのは止めて欲しいもので有りまして、あーゆー社会のダニみたいな存在は、正義の力で排除して欲しいものですね(はっきりいって大音量がもの凄く迷惑です)。

さて、旧車會の事はこの位に致しまして、日本にあるおめでたい年間行事のトップバッターが、この初日の出を拝んで・・あれ?拝んで何をするのでしょうか?

今年一年間の無事を祈ったり、大願成就を行ってもお天道様だってあれだけ大量の日本人に一気にまとめてお祈りされても、まず聞き分けられませんし、だいたい毎日に明るく世界を照らしているのに普段は全く無視していて、初日の出の時だけのこのこやって来て、何か願い事されても聞く義務は無いって感じでは無いでしょうかね?

しかし何ですね、初日の出に開運や大願成就をお願いするのは未だ良いほうで、その昔よく言われていた他人様が見ていなくてもお天道様はちゃんと見ているて事を忘れてしまって、人の道に外れた事を行う日本人が本当に増えてしまいましたよね。

まあどこかにお賽銭を上げてお祈りしなくても、まっとうに生きていれば幸福は必ずやってくるって書きたいところではありますが、実際の所、真面目にコツコツ働く人より、他人を安くこき使う経営者のほうが楽して儲けていますし、働いて税金を納める人より税金を使う政治家や役人のほうが安定した良い生活を送っているので有りまして、お天道様にはもう少し存在を見せつけて欲しいものですね。

追伸
まあ海岸まで行って初日の出を見るって事はつまりビルや建物の間から上ってくる太陽を拝んでも何だか御利益が薄そうなので、海岸まで出かけて水平線から出てくる太陽を初日の出って感じで拝むのだと思いますが、別に日本海側に住む人がそれによって、お天道様に差別されたって事も見た事もないですし、聞いた事も無いので有りまして、つまりそのお天道様はあくまでも平等で公平中立だって事なので有りますね。

本コラムのAI朗読